情報収集のためによく観るユーチューブチャンネル。私的ボードメンバーの構成と役回り

ユーチューブを筆頭に動画コンテンツが盛り上がりを見せている今は、過去にもまして比較的手軽に有益な情報を得ることができます。情報リテラシーや情報の取捨選択などが当たり前になっている今となっては、リテラシーがあって当たり前、取捨選択できて当然となりつつあり、それらが見出しテーマとして取り上げられることも少なくなってきているのではないでしょうか。

そんな状況で、やはりメジャーチャンネルにはなってしまいますが、ボク個人的に日頃からお世話になっているユーチューブチャンネルをここに自分用見出しとして記録しておきます。

今後も縦横追記予定ですので、あくまで管理人個人のメモ程度として閲覧してください。

・ イケハヤ大学

法改正や制度紹介、各業界の技術の流行りすたりなど、時事ネタを題材にして展開される動画は実生活の場で役立つ。

・メンタリスト DaiGo

ある程度フォロワーがいる中でも、仮説、実行、検証を頻繁に行っているすがたに着目。

・ 堀江貴文 ホリエモン

睡眠が足りていないとこうなるんだなと、本来話している内容以外の部分で観察している傾向あり。

・ 茂木健一郎Ken Mogi

科学的な内容をどう社会生活の場で転用しているのか、していけばいいのか。じぶんという個よりも社会全体をイメージするために役立つ。

・ 鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)

主に話しのオープニングからクローズまでの構成をどう組み立ててればわかりやすく伝わる話しになるのかをインプット。

・ ひろゆき, hiroyuki

感情的ではなく論理的に話すためのコツや煽られても冷静を保つ方法をインプット。