初心者におすすめのドローソフトInkscape(インクスケープ)

Inkscape(インクスケープ)とはPCにインストールして使えるベクター画像編集ソフト(ドローソフト)です。オープンソース(利用料の必要ない無償で公開されているソフトウェアのこと)のソフトウェアなので、利用に際して費用が発生しません。

Inkscape単独で使用することはもちろん、別記事で紹介したビットマップ画像編集ソフトのGIMPと用途を分けて併用することで、名刺やチラシなどをセンスよく高品質に仕上げることができます。

ベクター画像編集ソフトの代表各としては聞きなじみのあるAdobeのIllustratorというソフトでしょう。ただし、Illustratorは有料ソフトかつ、無料お試し期間があるといえども使い方を慣れるまですこし時間がかかるかもしれない点を考慮するに、ハードルは少し高めな印象があります。『まずは無料で使えるInkscape(インクスケープ)でドローソフトの特徴をおさえる』といった気持ちで使用するものいいですし、Illustratorと比較しても引けを取らない成果物を作れるので、乗り換える必要がないと思えばずっと無料のInkscapeを使い続ける選択も当然ありです。

Inkscapeは、WindowsとMacの両方で(正確には他のOSでもインストール可能)提供されているソフトウェアなので、仮に近い将来でWindowsからMacに乗り換える、またはその逆を計画されている段階でも、今から学習を始めても乗り換え後もすぐに飲み込める微細な違いだけですので問題ありません。

そのほか使い方などのいわゆるハウツーなどは、Inkscapeがメジャーソフトなゆえにネットや書店でカンタンに情報が見つかる点も学習の手助けとなるでしょう。

『パソコンでの画像編集はGIMPとInkscape』初心者ならこの一択で間違いなしです。次回はインストール方法でも書きたいと思っています。