初心者におすすめの画像編集ソフトGIMP(ギンプ)

今回ご紹介したいのがWindowsPCに無料でインストールして使えるGIMP(ギンプ、ジンプ)というビットマップ画像編集・加工ソフトウェア(ペイントソフト)です。

このGIMPというソフトを使うことができれば、別記事でご紹介したInkscape(インクスケープ)というベクター画像編集ソフトと合わせて、名刺、ショップカード、チラシ、フライヤーなど、センスのある高品質な宣伝ツールを費用を押さえて自分で作ることができてしまいます。

ビットマップ画像編集ソフトの代表格としてはAdobeのPhotoshopがあげられますが、Photoshopは有料のソフトですのでお試し期間があると言えども使いこなせるのか心配な方にとってはなかなか手が出にくいツールであると思います。

その点、GIMPはオープンソース(利用料の必要ない無償で公開されているソフトウェアのこと)で開発されているフリーソフトなので、お持ちのPC端末で無料で使うことが可能です。有名なツールなので、すでにある程度の情報はネットや書店に出回ってます。わからないことを調べたいときにカンタンに目的の情報へアクセルすることができるので、あなたが思うほどにスキルを習得するまでの敷居も高くありません。

Photoshopの代替ツールと呼ぶには引け目を感じるほど、対抗馬としてソンショクない作品を作ることができてしまいます。(※MacOS版にはGIMPがベースとなっているSeashoreという名のソフトウェアもあります。ただしこちらは本家GIMPと比べると機能が限定的になってしまうようですので今回はツール紹介だけにとどめておきます)

ビットマップだのベクターだの聞きなれないワードを出してしまいましたが、せっかくの課題解決の機会にこれ以上”なんだかむずかしそう”と思ってほしくないので、ここまでをおおまかな説明としますが、このGIMP、今後Photoshopに乗り換えることを想定しても使い方が似ているので乗り換え先でイチから学習する手間はさほど取る必要もありません。

『パソコンでの画像編集はGIMPとInkscape』

初心者ならこの一択で間違いなしです。次回はインストール方法でも書きたいと思っています。