トイストーリー×TikTok×トラウマ

昨日28日、 日本テレビ『金曜ロードSHOW!』 でトイストーリーが放送されていました。たまたま同時間帯でBGM代わりにテレビを付けながら仕事をしていたこともあり、懐かしさも重なり、ながら視聴ではあるものの久しぶりに1本通して映画を観る機会にめぐまれました。

トイストーリーと言えば、今尚進化が続いている言わずと知れた世界的人気作。ボク個人的にもテープが擦り切れるほど観た(当時は家に置いてあったのがビデオだったのでこの表現でも大丈夫かな ) 記憶に残る映画のひとつであることは間違いないのですが、少年期のある時点まで「夢に出れば悪夢 」 「 思い出すことトラウマの如く 」 目をつぶっても広がる作品のフォルムに身勝手にも苦しんだ思い出があります。

メカニカルなクモのボディに肌質やわらかそうな幼児の頭がくっついているあのおもちゃが、幼かったボクの脳内を先鋭的なまでに周回して、向こう数年のトラウマの形成を一瞬にして築いてしまったのです。

思い出されるのは、両親に連れられて行ったディズニーオンアイス。行きの車中、はじめは期待感や高揚感いっぱいに後に起こる出来事に胸膨らませるも、途中からどうも先に書いたそれを思い出してしまい、帰りたいとひとりで言っていた記憶があります。

到着後の駐車場、 開演時間が過ぎてからも父親との入る入らないの押し問答が続き、さんざん説得され「もうこの時間だから出てこないよ」が根負けしたひとこと。しぶしぶ入った会場。まだ目に泣いた痕を浮かべながら先に鑑賞していた母と弟を見つけ席につく。

ショーもエンディングに差し掛かったであろう演出に安心しきっていたころ、突如として舞台の上手からそれはやってきたのです。しかも、イメージしていたサイズよりも若干大きなサイズで。

安堵の思いも一瞬にして視界が暗転するほどの恐怖に変わった瞬間でした。

もしかすると誰かを憎むことを覚えたのはあの瞬間からなのかもしれません。。。

今となってはなぜそこまで強く恐怖を抱いていたのか嘲笑の対象ですが、当時は、思い出しただけで過呼吸になる。それくらい恐怖に感じていました。

ちなみにボクの嫌いなものベスト3、好きなものワースト3は、3位がパクチー、2位が高いところ(高所 ) 、1位が蛙。たまに3点がすべて揃った、それはそれは恐ろしい夢をみます。

最近TikTokで勢いよくスクロールした瞬間に “ 蛙が映る動画” を目にしてしまい、それからはそんなことをしても無意味だとわかりつつも、アプリ内ではスクロール操作を覗き見るような形でしています。。

あなたの嫌いなものはなんですか?

新型肺炎騒動で外出禁止令が下っている土曜日の書斎にて。絵本を読みながら。